沖縄の農園からマンゴーを直送|伊集農園(いじゅのうえん) 伊集(いじゅ)農園は沖縄県本島の八重瀬町でマンゴーを栽培しています。真っ赤に染まった秀品(Aランク)は、贈答やプレゼントにおすすめです。ご自宅用に人気の手ごろなお値段の品も用意しております。また日本で初めてマンゴーで国際水準の安全認証AISIAGAPを取得しましたので、おいしい国産マンゴーを安心して食べていただけます。

マンゴーの糖度はどれくらい?沖縄のいろいろな種類のマンゴーの糖度計ってみた!!

はいさい、ぐすーよーちゅーがらびら!

今回はマンゴーの糖度はどれくらい?沖縄のいろいろな種類のマンゴーの糖度計ってみた!!と題してブログを更新したいと思います

 

マンゴーの糖度ってどれくらいなの?

一般的には平均して12度~14度ぐらいと言われているようです。糖度だけでいうと、沖縄県、宮崎県では糖度が15度以上のマンゴーについてブランド化をしています。糖度15度を超えるマンゴーはあまりないということです。沖縄県と宮崎県のマンゴーについて以前ブログを更新しましたので、もしよければご覧ください。

沖縄県のマンゴーと宮崎県のマンゴーの味や品質、値段の違い

 

マンゴーのおいしさは糖度ではなく味のバランス

まず初めに、重要なことをみなさんにお伝えします。

マンゴーのおいしさの基準は糖度ではありません。糖度はあくまでも参考と思ってください。おいしさの基準は味のバランスです。少なくとも伊集農園では糖度はあくまでも目安の一つであり、糖度だけに一喜一憂せず、味のバランスを考えマンゴーを栽培しています。

実は糖度を測るのは非常に簡単で、糖度計があれば誰でも測定できます。しかし味のバランスは機械では測れません、また人によって感じ方もばらばらです。

 

糖度測と糖度計の仕組みについて

今回の測定については、アタゴ社様の「ポケット糖度計 PAL-1 のネット限定くまモンモデル」を使用しました!かわいい~ ^^

糖度計は光の屈折率で糖度を測定しているようですが、厳密にいうと糖以外に水に溶け込んでいる物質も計測されるようです。しかし基本的に果物に含まれる水分は糖度として認識されているため、「糖度の値が高い方が糖分が多い」と捉えているようです。

あくまでも糖度は目安です。自分好みのマンゴーを是非探してみてください。また前回沖縄のマンゴー食べ比べしてみたと題してブログを更新しています。沖縄の様々な品種のマンゴーも紹介しておりますので、よろしければ読んでみてください。

前回更新したブログについて

沖縄のマンゴー食べ比べをしてみたPart1(沖縄県で栽培されているマンゴーの品種のご紹介)はこちらから

沖縄のマンゴー食べ比べをしてみたPart2(沖縄県産マンゴー4品種食べ比べ品評会)はこちらから

 

※R3.9.27追記

食オタマガジン、たべいく運営会社 株式会社ヴァカボ( VACAVO )様の「「糖度計」の製造元(株)アタゴさん訪問!!」という記事について、リンクの掲載の許可が下りましたので、是非この記事を読んでみてください。非常におもいしろい内容となっております。

株式会社ヴァカボ( VACAVO )様の「糖度計」の製造元(株)アタゴさん訪問!!」の記事はこちらから

 

マンゴーの糖度測定の結果について

それでは結果を集計しましたので、一つ一つご紹介したいと思います。

今回も仲のいい農家さんからいただいたマンゴーを了承の上糖度を計測しています。

糖度計での測定については以下のことを順守し測定しました。

  • 1 マンゴーの身を3か所計測
  • 2 計測後必ず糖度計を水洗い、また水のふき取り
 
①アーウィン種

今回伊集農園のアーウィン種を測定しました。見てのとおり色むら、傷等も見受けられます。これは販売用ではなく伊集農園自身が家で食べる用です。糖度測定のために家でいいマンゴーを切るのがもったいない!とのことで、見てくれの悪いマンゴーを選びましたが、マンゴーの糖度は想定以上に高く、この出来の悪いマンゴーで糖度が15度以上あるのであれば、伊集農園のマンゴーはだいたい糖度は15度は超えていることが想像できます。これも土づくり、施肥、剪定、摘果等のマンゴーの栽培を厳密に行っているからだと推測できます。

 

 

 

 

 

②キンミツ

キンミツについては、私は初めて食べたのですが、想像以上に甘く感じました。糖度についても今回測定した中で一番高く出ています。

 

 

 

 

 

 

 

③キンコウ(赤)

 

 

 

 

 

 

④レッドキーツ

 

 

 

 

 

 

マンゴーの糖度をわかりやすく表にまとめました

高齢の父が頑張って撮影したので写真で一部見にくい部分があります、大変申し訳ありません。※

※ちゃんと3か所撮影したことを証明するために見にくい部分も掲載しております。

 

今回の結果を一覧としました。

  ①アーウィン ②キンミツ ③キンコウ ④レッドキーツ
1回目 17.7 21.4 16.3 15.1
2回目 19.2 21.3 14.2 14.9
3回目 16.9 18.1 14.1 15.5
平均 17.9 20.3 14.9 15.2

 

どのマンゴーも糖度15度をほぼ超えるマンゴーとなっていました。しかし糖度はあくまでも目安で、今回紹介したマンゴーについては、レッドキーツ以外を食べ比べしたブログがありますので、もしよければご覧ください。自分好みのマンゴーが見つかるかもしれません。

 

沖縄のマンゴー食べ比べをしてみたPart2(沖縄県産マンゴー4品種食べ比べ品評会)はこちらから

 

伊集農園のマンゴーに対するこだわり

スーパーや百貨店で売られている果物は全て同じように見えますが、農家さんから直接買う場合、その農家さんの努力している点であったり、他との違い、強味を知ることができます。是非伊集農園のこだわりについても読んでみてくださいね ^^

 

伊集農園のマンゴーの商品一覧はこちらから

 

伊集農園のこだわりについてはこちらから

 

株式会社ヴァカボ( VACAVO )様の「糖度計」の製造元(株)アタゴさん訪問!!」の記事はこちらから

【訳アリ品!!】沖縄県産マンゴー2キロ(3~8個入り)数量限定 ご家庭用

通常価格

7,000円(送料込み)

(税込)
購入はこちら

※送料込みの値段となっております。

商品紹介

沖縄の水、土、海風、太陽の下栽培した、甘味と酸味のバランスのよいマンゴーです。 味、色、香り、どれも自信があります。是非ご賞味ください。沖縄を五感で感じるマンゴーです。1年に1度、この季節しか収穫・食せません。   安全安心のASIAGAP認証マンゴー 2019年10月にASIAGAP認証を取得しました。ASIAGAP認…

関連情報

沖縄の農園からマンゴーを直送|伊集農園(いじゅのうえん)

沖縄の農園からマンゴーを直送|伊集農園(いじゅのうえん)

伊集(いじゅ)農園は沖縄県本島の八重瀬町でマンゴーを栽培しています。真っ赤に
染まった秀品(Aランク)は、贈答やプレゼントにおすすめです。ご自宅用に人気の手ごろな
お値段の品も用意しております。また日本で初めてマンゴーで国際水準の安全認証
AISIAGAPを取得しましたので、おいしい国産マンゴーを安心して食べていただけます。

屋号 伊集農園
住所 〒901-0504
沖縄県島尻郡八重瀬町字後原1133-2
営業時間 18:00~21:00
代表者名 伊集 守康 (イジュ モリヤス)
E-mail info@iju-mango-okinawa.com

コメントは受け付けていません。

特集